犬種に合った栄養

ドックフードのトラブル

普段何気なく与えているドックフードでも、トラブルの原因になることがあります。
アレルギー症状や、消化不良、栄養不足、ドックフードが変わったことによるストレス、
などを引き起こす可能性があります。

また、ドックフードには、有害な添加物が含まれている可能性もあります。
安価なドックフードには、「石油用や、ゴム用の抗酸化剤」が使用されている商品があります。
これらは、人体に有害で、食品添加物として使用することはできません。

そんな添加物を愛犬にあたえるのですか?
ワンちゃんにも、体にいいとは、言えませんよね。
最近のワンちゃんにアレルギーを持つ子が多いのは、この成分が原因ではないか?と言われています。

他にも、ドックフードに含まれる肉類や穀物などがアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。
そして、硬さや、大きさなどが合わないと、消化不良の原因にもなります。

犬種や運動量によっても、必要な栄養素がちがいますので、
少なすぎる場合や多すぎる場合に、栄養の過不足になります。
また、一気にドックフードを変えてしまうと、味や成分が変わるのでストレスになってしまいます。

一番多いトラブルは、やはりアレルギー症状です。
アレルギーには、先天性と後天性がありますが、後天性は、いきなり発症しますので、
発見が遅れると、最悪の場合には、死に至ることもあります。

人間同様、急性のアレルギー症状には、顔や唇、目などがはれ上がります。
また、嘔吐や下痢になることもおおいので、新しいドックフードを与えるときには、
少量ずつ増やしていき、初めはしっかりと観察してあげましょう。

愛犬の健康を守るためには、食生活も大変重要です。
ドックフードも、それぞれのワンちゃんにあったものを選んで与えてあげましょう。

また、最低でも「総合栄養食」の表示のあるものを選んであげるのが安心です。
プレミアムフードなどが、一番安心して与えることが出来るのではないでしょうか?

Menu