犬種に合った栄養

ドックフードは1日に何回あげる

毎日ペットに与えるドックフードですが、これは子犬と成犬以上とで、一日に与える回数が少し違ってきます。

子犬の時期には、一日に3回から5回に分けてドックフードを与えてあげましょう。
理由としては子犬は胃が小さく、一回に食べられる量が限られています。
また、成長期ですのでたくさんのエネルギーが必要になるためです。
ドックフードの表示に合わせて、一日の規定量を与える回数に分けて与えてあげましょう。

生後90日くらいまでは、
パピー用(子犬用)のドックフードに犬用のミルクをいれて軟らかくしてから与えます。
これ以降は、徐々に水分量を減らしてカリカリのフードを食べられるようにしましょう。

4か月までは、一日に4回から5回。
4か月以降は、一日に3回から4回が目安です。
6か月以降は、食べる量も安定してきくるので、1歳を目安に徐々に2回にしてあげましょう。

大型犬と小型犬では、成長のスピードがちがいますので、その犬種に合わせてあげましょう。
小型犬は、10か月程度で成犬とおなじくらいの体重になりますし、
大型犬は、18か月程度かかることもあります。

体の成長に合わせて量や回数を工夫してあげることが大事です。
成犬では、一日に1回から2回の食事が適当です。
お腹の弱い子、大型犬は、一日に1回だと早食いしてしまうため、
病気のリスクがたかまりますので、注意してあげましょう。
成犬になってからもパピー用のフードを与えると、カロリー過多になってしまいますので注意しましょう。

ワンちゃんも健康は、食事からです。
適量の食事と適量の運動が一番の健康方法です。

肥満になってしまうと、ダイエットが必要になりますし、万病の元になってしまいます。
ワンちゃんの健康を守れるのは、飼い主だけなのです。
必要な栄養素が含まれていて、有害な添加物の入っていない、ドックフードを選んで与えてあげましょう。

しっかりと成分を見極め、犬種に合ったドックフードを選んであげましょう。

Menu