犬種に合った栄養

食べやすいドックフードのサイズ

大ぶりの粒から、小粒のドックフードまでありますが、それぞれワンちゃんの好みがあるようです。
ワンちゃんは、ドックフードを丸のみしてしまう事が多いので、
小粒の方が食べやすいワンちゃんが多いようです。

しっかりと噛み砕いて食べる事のできるワンちゃんは、大き目の粒のドックフードがおすすめです。
カリカリとしっかり歯ごたえがあり、噛むことができるので、顎の発達にも最適です。

パピー用(子犬用)のドックフードは、のどの細いため、比較的小粒に作られているものが多いようです。
特に、小型犬は、のども細く、消化能力も弱いため、小粒の方がいいのではないか、と言われています。
ですが、カリカリとした歯ごたえのあるドックフードが好きな小型犬のたくさんいますので、
ワンちゃんのお好みに合わせて選んでいただいたらいいかと思います。

平均して、直径1センチ程度のドックフードが多いようです。
が、大型犬の直径1センチと、小型犬の直径1センチでは、
同じサイズでも食べやすさなどの違いが出るのは明らかですよね。

最近では、犬種別にドックフードが販売されていますので、その表示に沿って選んであげましょう。
上質なドックフードは、それぞれのワンちゃんにあったサイズで作られているものがおおいので、
安心して与えてあげることが出来ます。

ドックフード選びは、犬種にあっているか、ライフステージにあっているか、
価格は適当か、成分は適当か、などが重要視されます。
ですが、ワンちゃんのためにも、ドックフードの大きさにも、目を配ってあげてみてはいかがでしょうか?

小粒タイプにかえた途端、食べムラのおおいワンちゃんが、
よく食べてくれるようになった、などの例もたくさんあります。
食べてくれない場合、味やフードを変えるタイミングなどを疑いますが、
このようなことが問題になることもあります。
よく見極めてあげましょう。

ワンちゃんに合わない大きさでは、食べにくいだけではなく、消化不良をおこすこともあります。

Menu