犬種に合った栄養

犬にも好き嫌いがある

ドックフードには、さまざまな種類がありますが、ワンちゃんにも好き嫌いがありますよね。
ドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプなどの種類や、メーカーによって
含まれている原材料や成分が違うため、味にも違いがあります。

ワンちゃんは、ドックフードを丸飲みしてしまう子がおおいので、
ドライタイプよりウェットタイプが人気があるようです。
ですが、一般的には、ドライタイプを使用しているご家庭が多いのではないでしょうか?

カリカリとする食感が好みのワンちゃんもおおいですが、丸飲みしてしまう子がおおいので、
特に小型犬の場合、小粒のタイプを選んであげましょう。
のどに詰まってしまう事もあるようです。

パピー(子犬)の時から一種類のドックフードを与え続けると、そのフードしか食べない。
というワンちゃんになってしまうことがあります。
肥満や、内臓疾患、アレルギーなどを発症してしまった場合には、
ドックフードを変えなければならない場合もあります。

その場合でも、そのフードしか食べない。
となってしまうと困ってしまいますので、たまには、違うフードを与えてあげましょう。

特に、老犬になった場合には、老犬用のフードにかえてあげる必要があります。
将来的には、必ず歳をとりますので、注意してあげましょう。

ご自宅の愛犬には、好き嫌いがありますか?
好き嫌いがある場合には、まず、普通に食事を与えます。
食べようとしない場合には、すぐに食事を下げましょう。
成犬の場合、2日、3日程度なら食事をたべなくても大丈夫ですので、心配ありません。
他のドックフードやおやつなども与えないでください。

次の食事の時間に同じものを与えます。
食べようとしない場合には、またすぐに食事を下げます。
これを繰り返すと、空腹になりますので、食べてくれるでしょう。

「かわいそう」と思ってしまいますが、矯正してあげることで、
なんでも食べられるワンちゃんになってくれるでしょう。

Menu