犬種に合った栄養

ドックフードの正規輸入品とは

正規輸入品とは、海外のメーカーとに日本の商社等が輸入代理店契約を結んで、
正式な手続きを行い、日本で発売される商品の事です。
正規輸入品と並行輸入品では、中身の成分が違うことがあります。

また、並行輸入品は、販売業者が海外で購入してきた商品ですので、市場にでた商品が日本に輸入されてきます。
ですので、賞味期限が短かったり、賞味期限の改ざんが行われていることもあるようです。
そして、成分の表示もその国の言葉で記載されているだけ、ということもあります。
なので、そのため、成分が表示されていても、何がはいっているか分からない、ということもあります。

正規輸入品には、必ず「正規品」として表示がありますし、
日本語で成分表示や注意書きがかかれていますので、見分けることが出来ます。
また、正規輸入品と並行輸入品では、パッケージが違うこともあります。
正規輸入品は、内容にも保証がありますので、安心です。

外国産のペットフードで、同じものでも、値段が違う。
という場合がありますよね。
これは、正規輸入品と並行輸入品の違いの一つでもあります。

正式な手続きを経ているので、その分コストが発生します。
そのため、正規輸入品は、並行輸入品に比べて少し値段が高いことがおおいです。
「いつもより安い」と思って購入する場合、正規輸入品、並行輸入品の違いをよく確認してみてください。

並行輸入品の場合、ドックフードの中身に問題があった場合でも、
責任がどこにあるのか?という事を証明するのが難しいのが現状です。
ドックフードの中身が、開封前から酸化している、ということもあるようです。

特に、正規輸入品と並行輸入品で注意してほしいのが、成分です。
外国と日本では、気温などの生活環境が違うため、必要な栄養素がちがってくる場合もあります。
そのため、正規輸入品には、日本用に成分をすこし変更して作られていることも多くあります。

並行輸入品は、そのまま購入して日本で販売されています。

Menu