犬種に合った栄養

おやつを与えすぎると肥満になる

ドックフードはワンちゃんの食事の中でも「総合栄養食」などと呼ばれ、
総合栄養食の表示のあるドックフードと水だけで飼育可能なものがおおいです。
適量を与えるだけで、ワンちゃんに必要なカロリーが摂取できますので、
おやつの分のカロリーは、余分になってしまいます。

その分、運動してカロリーを消費していれば、肥満にはなりませんが、
おやつを与えすぎたり、運動不足などの場合、肥満になってしまいます。

肥満になってしまった場合、人間同様万病の元になりますし、
専用のドックフード等でダイエットする必要があります。
運動嫌いなワンちゃんでも、運動する必要が出てきますし、ストレスの原因にもなります。

しつけ等でおやつをつかいますが、一日だけ与えすぎてしまった、という場合ではすぐに肥満にはなりません。
ですがこれを繰り返してしまうことで徐々に肥満に近づいてしまいます。

肥満を防止するためには、日頃からワンちゃんの体に触れて肉付きを確認しておくのが有効です。
特に、ワンちゃんを真上から見て「腰のくびれ」がない場合は、要注意です。
ワンちゃんもお腹まわりから太っていくことが多いのでよく確認してあげましょう。

また、普段から体に触れていることで、しこりなどを見つけやすく、
腫瘍などが出来ている場合でも、素早く見つけることが出来ます。

万が一、なにかおかしいな。
と思ったらすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。
早期発見が一番のお薬です。

おやつの与えすぎには、注意してほしいですが、しつけをする際に必要になったりしますよね。
適量を与えるだけなら大丈夫ですので、安心してください。

万が一与えすぎてしまったな。
と思ったら、次の食事の際に、少しだけドックフードを減らす、次の日は、おやつをなしにする、
少しにするなどして、カロリー管理をしてあげれば大丈夫です。

肥満は、日々の生活で防ぐことが出来ます。
ぜひ、愛犬の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

Menu