犬種に合った栄養

ドックフードの変更の仕方

いきなりドックフードを変えてしまうと、消化不良を起こしたり、食べてくれなかったり、と、
ワンちゃんのストレスになるようなことが起こることが多いです。
特に、下痢をしてしまう子が多いようです。

ドックフードを変えるときは、元々食べているドックフードに少しずつ新しいドックフードの量を増やしていきます。
1週間から10日ほどかけて徐々にドックフードを変えてあげましょう。
一日目にドックフードの一割を新しいドックフードに変える。
2日目は、2割、とゆっくりとドックフードを変えてあげるのがおすすめです。

下痢等が続くようであれば、その時点のドックフードの配合を変えずに、
体調が整ってから新しいドックフードの量を増やしていきましょう。
下痢が1週間以上続くようであれば、新しいドックフードがあっていないかもしれませんので、
元のドックフードに戻してあげる方がいいと思います。

ドックフードを変えなければならないポイントはいくつかあります。

・成犬用のドックフードに変えるとき。
・老犬用ドックフードに変えるとき。
・食べ物アレルギーを発症したとき。
・肥満になってしまったとき。

上記のときは、ドックフードを変えてあげる必要があります。
が、いつも同じドックフードばかりを食べていると、
その味に慣れてしまい新しいドックフードを食べてくれないこともあります。

特に、食べものアレルギーを発症した場合には、すぐにドックフードを変えてあげる必要がありますので、
ワンちゃんも飼い主さんもストレスになってしまいますよね。
普段からたまには、違うドックフードを与えて違うドックフードにも慣らしてあげましょう。

ドックフードを切り替えるときに注意してほしいポイントは、排便です。
バナナ位の硬さで、茶色からこげ茶色、いつもと同じようなにおいであれば問題ありませんが、
それ以外ならドックフードがあっていない可能性があります。

各ライフステージごとに、必要な栄養素が変わってきますので、必ず変えなければならない時期がやってきます。

Menu