犬種に合った栄養

ドックフードには4種類のタイプがある

ドックフードには、ドライタイプ、セミモイストタイプ、ソフトドライタイプ、ウェットタイプがあります。

一番多く使用されているのは、ドライタイプではないでしょうか?
カリカリとした食感が好きなワンちゃんも多いようです。
水分が少ないので、開封しても長期保存が可能です。
離乳食期や、噛む力が弱くなってしまった老犬には、
このドライタイプに犬用ミルクを加えて柔らかくしてあげます。

セミモイストタイプは、30%程度の水分が含まれています。
離乳食や噛む力の弱くなってしまった老犬のお食事に最適です。
半生タイプですので、防腐防止の為に、添加物が含まれていることが多いので、成分は要チェックです。
こちらは、缶詰めに入っています。

ソフトドライタイプは、こちらも30%程度の水分が含まれています。
ドライタイプの半生タイプと考えてください。
弾力があります。
半生と表示されています。

ウェットタイプは、お肉、お野菜を混ぜて缶詰にしたものです。
お値段は、一番お高めですが、ワンちゃんに人気があります。

これらのタイプにも、さまざまな種類があり迷ってしまいますよね。
価格や、栄養バランス等を吟味すると、ドライタイプがおすすめです。

一番コスパがいいのは、もちろんですが、「総合栄養食」の表示のあるものもあります。
それは、総合栄養食と水だけでワンちゃんを飼育することが出来るように栄養バランス等も考えられています。

それなりの、認定マークの付いたたドックフードや、プレミアムフード、
スーパープレミアムフードのマークの付いた物を選んであげると安心でしょう。

ワンちゃんの健康を維持するためにも、ドックフードは、大変重要です。
ワンちゃんの好き嫌いもありますが、どの種類のドックフードも食べられるようにしてあげる事が重要です。
何かしらのトラブルが出た時や、噛む力が弱くなってしまった時にも、愛犬にストレスを与えることなく、
ドックフードを変えることが出来ます。

Menu