犬種に合った栄養

ドックフードを変えた時の排出物チェック

ドックフードを変えるときに注意してほしいポイントが、「排泄物」なのです。
ワンちゃんの健康管理の為にも、日頃から排泄物をチェックしておきましょう。

健康なワンちゃんの排泄は、成犬の場合ですと、
・ティッシュで掴んでも、崩れない硬さ
・いつも同じ色でこげ茶から茶色
・いつも同じ匂い
・一日2回から3回の排便
・未消化物が含まれていない
といった排便が理想的と言われています。

特に食べたことのないものを食べると、便秘や下痢、便が硬くなったり、柔らかくなったりすることがあるので、
ドックフードを変えた時には、下痢になることがおおいようなのです。

ワンちゃんのドックフードを変えるときは、
元々食べていたドックフードに新しいドックフードを少しずつ足して、変えていきましょう。
1週間くらいで完全に移行するようにしていあげると、
ストレスなく新しいドックフードに移行できると思います。
一気にドックフードを新しい物にかえてしまうと、上記のような不調が出やすくなっているのです。。

特に、消化不良を起こしたり、食べてくれなくて量が少ない、ということが多いのです。
タール状の便・水様の便、血が混じっている便・白粘液の便はすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。
何かしらの病気になっている可能性が高いのです。

また、普段から下痢気味、便秘気味のワンちゃんは、ワンちゃんの体質にあっていない可能性が高いのです。
ドックフードを変えてあげることをおすすめします。
一時的なものですぐに元の排便に戻れば心配いりませんが、
長期的に続く下痢は、腸内に問題があることもあるのです。

精神的なストレスで下痢になってしまうこともありますので、
原因を見つけるためにも、動物病院に連れて行ってあげましょう。

ワンちゃんは、喋ることができませんから「いつもと違う」と思ったら
早めに動物病院につれていってあげることが重要です。
また、「早期発見」につながり、ワンちゃんの健康管理に大変重要になるのです。

Menu